読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガガブリアス構築【最高レート2046 S14 真皇杯関西予選1、JPNOPEN使用構築】

 

 

こんにちはムンプスです。

僕はS12ではメガヤミラミ、S13ではメガユキノオー、S14では破壊光線メガマンダと通常では見ないようなポケモンを使って毎シーズンのメガ枠を読まれないポケモン軸としています。読まれないポケモンを使うことでの最大の利点は意表つけることだと考えています。もちろん使っていてとても楽しいです。

前回使ったバトンギミックによるパーティがとても使いやすかったので、今期もバトンを絡めて高火力で押していくことをコンセプトにしようかなと考えたのがこの構築の始まりです。 ↓前回の構築

 

keibenn.hatenablog.com 

前回のバトンギミックでの反省点として、加速した後も電磁波を受ければ止まってしまう、ステロを巻く余裕がないので襷持ちで止まってしまうということが挙げられます。

そこで、爆発的な火力を誇り、電磁波によるS操作が行われず、襷貫通の技を持ち、ある程度の耐久があるメガ進化ポケモンはいないかなと探しました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:keibenn:20160311135257j:plain

いました

メガガブリアスです

108-170-115-120-95-92  御覧下さいこの種族値を。伝説を除けばメガヘラに次ぐ攻撃種族値の誇ります(ブラックキュレムと同じ種族値)。メガ進化によるSダウンで対面でガブリアスメガガルーラの上をとれない、そもそも襷や拘っているガブリアスの方が強い等の理由で使用が避けられています。

 

なら加速させましょう。これが僕の答えです。

このようにロマンを求めパーティの大黒柱が決定しました。

以下ではレートの中で約800戦し、試行錯誤のすえに辿りついたパーティをそれぞれ個別解説とともに紹介します。

 

【パーティ紹介】

f:id:keibenn:20160311142135p:plain

 

f:id:keibenn:20160311135257j:plain

メガガブリアス@メガ石

いじっぱり 鮫肌→砂の力

逆鱗 ダブルチョップ 地震 剣舞

努力値 H60   A252                                    S196

実数値 H191 A200 B115 C× D105 S147

 →  H191 A244 B135    C× D115   S137

 

火力

H252ボルトロス 逆鱗で高乱数1発 98.9%~116.6%

H252ファイアロー 逆鱗で高乱数1発 97.8%~115.6%

H4メガボーマンダ(威嚇込み) 逆鱗で低乱数  87.7%~102.9%

HB特化FCロトム 逆鱗で確定2発 61.1%~72.6%

H252ポリゴン2  逆鱗で確定2発 53.1%~62.5% 

H4メガガルーラ  逆鱗 76.2%~90%

HB特化クレセリア 鬼火スリップダメージ×2+剣舞逆鱗で確定1発

HB特化スイクン 鬼火スリップダメージ×2+剣舞地震で高乱数1発(逆鱗で確定1発)

HB特化カバルドン 砂下剣舞地震で低乱数1発 89.3%~105.1%

H252ギルガルド  地震で高乱数1発 98.2%~116.1%

無振りゲッコウガ 地震で確定1発 108.1%~127.2%

無振りゲンガー  ダブルチョップで確定1発   51.1%~60.7%×2 

無振りガブリアス ダブルチョップで確定1発  53.5%~63.3%×2

 

耐久

無振りボルトロス めざパ 60.7%~73.2%

無振りクレセリア れいB  58.6%~71.2%

無振りスイクン  れいB  69.1%~81.6%

メガルカリオ   気合い玉  79.5%~94.2% 確定耐え

特化マリルリ   じゃれつく 87.9%~104.7%(中乱数)

特化剣舞メガクチート ふいうち  80.1%~94.7% 確定耐え

特化はらだいこマリルリ アクアジェット 78.5%~92.6% 確定耐え

 

 

S

メガ前最速ギャラドス抜き メガ後1加速で最速メガゲンガー抜き

 

爆発的な火力を誇るメガガブリアス。しかし激戦区100族を下回るSであるため加速しなければガルガブゲンボルト等に対面で勝つのは難しい。逆に加速してしまえばこれらのポケモンに殴り勝つことができる。(最低限の対面性能を確保したかったので最速ギャラ抜きまでSに振りました)

耐久が上がったため物理受けの前でも上述で述べたようにれいB+ゴツメダメージを耐えるので剣舞逆鱗で負荷をかけるまたは後出しであれば相打ちにできる。氷技をもっていなければ突破が可能。

(例)剣舞 クレセ後出し→逆鱗 れいB+ゴツメダメ耐え 逆鱗 相打ち

メガクチートの剣舞ふいうち、はらだいこマリルリのアクジェを耐えることができるのもメガ進化ならではのもの

 

またメガガブリアス砂巻きの相手に強く半壊以上の役割を果たしてくれます。

(例)カバルカイリュー相手の場合初手からガブリアスを出します。お相手の初手がカバの場合起点作りのためHD振りが予想されまたステロから入ってくることを考え迷わず剣舞をします。そして次のターンメガ進化して地震でカバを吹き飛ばします。残りは逆鱗打っているだけで試合が終わります。ここで大事なのは1ターン目に進化しないことです。進化してしまうと相手は慌ててカイリューに変えてきて神速を打たれてしまうとルカリオの圏内に入ってしまいます。

バンドリマンダ相手でもガブの地震耐え調整のバンギが多いですがメガガブの地震を耐えることはできません。後続がメガマンダでも威嚇込み逆鱗で押すことができるので竜舞から羽休みではなく捨て身を打たせ相打ちを狙えます。

 

メガ進化せずにダブチョを打つとお相手に拘っていると思わせ死に出しで鋼タイプが出てくることがあり、またSの関係上メガ進化するタイミングは考える必要があります。

 

 

さらに!!

メガガブリアスには受けループにとても強いです。

最も基本的な並びであるラキグライヤドランの並びで考えます。

大切なのは、ヤドランと対面する前に1回舞っておくことです。

A2↑逆鱗+逆鱗 HB特化メガヤドラン 64.6%~76.6%+32.8%~38.8% 

(剣舞ーヤドラン後出し→逆鱗ーメガ進化鉄壁→逆鱗ー南無)

このように舞っている状態であれば高乱数で打ち勝つことができます。

またグライで身が守で嵌めようとしてくるようであれば剣舞をガン積みしダブルチョップで沈めましょう。不意のギロチンは知りません。

実際受けルに対しての勝率は8割近かったと思います。

 

受けループ、砂パ、カバルカでお困りのそこのあなた!!

メガガブリアスを使いましょう^-^

 

あと加速していてもメガガル対面では勝つことが難しいですorz

後述するバシャかサーナイトに任せましょう。

 

【役割対象】厨パ、砂パ、カバルカ、受けル

 

 

 

 

f:id:keibenn:20160119013944p:plain

 バシャーモ@弱点保険

いじっぱり 加速

飛び膝 鬼火 守る バトン

努力値 H204     B100    D20 S186

実数値 H181 A154 B103     C×   D93   S123

 

火力 

H4メガガルーラ とび膝で確定1発

 

耐久

特化マリルリ 鬼火込みでたきのぼり+アクジェ耐え

無振りファイアロー ブレバ確定2発

 

S

準速70族抜き 1加速で最速115族抜き

 

前回から愛用している弱保バシャーモ。メガガブを出すときはほとんどセットで出します。初手で出てきやすい襷マンムー、ガブを弱保発動の起点にしつつ突破しバトンで展開していきます。アローもHDであればヤンキー居座りをしブレバを貰いバトンしていきました。

ボルトやメガゲン対面では有効打がないため鬼火を打ったあとにバトンでガブにつなぎます。

あと今期も元気にここぞの場面で膝を割っていきました^^

詳しい解説は上に貼ってあるリンクから前回の記事に飛んでください。

【役割対象】

ガブ、ガル、マンムークチート、ギャラ、ナットレイ、ヘラ、サザン等

 

 

 

 

f:id:keibenn:20160311162725g:plain

サーナイト@オボンの実

穏やか トレース

ムーンフォース 鬼火 電磁波 アンコール

努力値 H252    B172 C4  D76 S4

実数値 H175 A× B107 C146 D159 S101

調整はアダムスさんのオボンサナをそのまま真似させていただきました

adamspoke.hatenablog.com

ほとんどの攻撃を1発は耐えてくれて物理ATには鬼火を、特殊ATには電磁波を入れることができ先発要員としてほんとに使いやすかったです。

技構成として最初はサイキネを採用していましたが役割対象がバシャやゲンガーに限られてしまうのでムンフォに変えました。アンコールは状態異常技を巻いた後の積み技持ちのポケモンにすごく刺さりました。ボルト、リザ、ニンフ、スイクン、ガモス、クチート等。メガガルも対面でグロパンを打つ輩が多かったので鬼火、アンコールで機能停止させました。ゲンガー対面では電磁波を打ち襷を削るだけになってしまいますがパーティで重いのでそれだけでも十分でした。また初手の起点作り要因には永遠にステロを巻いてもらいました。

そしてパーティで重いボルトロスはほとんど任せてました。後出しでもたいてい殴り勝てるのでいたずらごころをトレースした後はやりたい放題です。ただ電磁波を入れられてしまうので運も絡んできます。

相手パーティにクチート、ナット、ハッサム等がいれば必ず後出ししてくるので交代読み鬼火を数え切れないほど打ちました。

 

【役割対象】鋼、毒タイプ以外(笑)

 

 

 

f:id:keibenn:20160313172700p:plain

スイクン@食べ残し

ずぶとい プレッシャー

熱湯 凍える風 瞑想 身代わり

※理想個体で記述します

努力値 H252   B196        S60

実数値 H207 A× B176 C110 D135 S113

 

S

1ダウン最速ガブリアス抜き

 

以前から使ってみたいと思っていた嵌め性能が高い図太い瞑想ノイクン。

多分1番選出したと思います。

凍える風の所は最初は守るで使っていましたが、役割対象が限られてしまい逆に起点になってしまうことが多々あったため(僕が使い切れなかったorz)ここ風にし役割対象を広げまた、S操作による後出しでのメガガブへの対面を整えました。

鬼火が入っていればほとんどの物理ATがノイクンの起点となりました。

火傷していればナットレイも起点にできます。

またPTで重たいボーマンダファイアローが相手のPTにいれば100%選出していました。対面であればHDメガボーマンダ、HDアローに勝つことができるのもここ風のおかげだと思います。

 

残飯ノイクンを使う上で状態異常技(毒、火傷)をいれないようにいかに立ち回るかがとても重要だと感じました。

 

あとこのスイクンは自覚がすごくここぞの場面で焼いてくれました(体感5割)^^

 

ただ対面であればメガガルやメガクチートは焼かなければ勝てないところが若干つらかったです。(大体焼いてくれました^^)

 

【役割対象】クレセドラン ポリクチ ガブ ガル アロー マンムー ガルド マンダ バシャ等

 

 

 

f:id:keibenn:20160315020304p:plain

メガフシギバナ@メガ石

控えめ しんりょく→あついしぼう

ギガドレイン ヘド爆 地震 光合成

努力値 H252        C252      S4

実数値 H187 A91  B103 C167 D120 S101

  → H187 A108  B143  C191 D140 S101

 

 

PTが胞子の一環がありまたFCロトムが重かったのでそれらを補完する枠として採用したメガ枠。調整はとくに考えもなくCSぶっぱで火力を求めました。

メガバナをPTに入れてから相手の選出画面にキノガッサジャローダがいても選出されることはほとんどなかったので選出での威嚇要因として活躍してくれました。

地震ヒードランへの打点としてのピンポイントで、メガゲンガーにも打点となります。火力を求めるなら冷静の方がよかったかもしれませんが、バシャから2加速した状態でバトンを受け取ったときメガゲンガーを上から叩きたかったため控えめにしました。

光合成はサイクル戦のときに粘れるようにするため採用しました。

C特化してもギガドレでガブを確2取れないのはかなりつらかったです泣

 

【役割対象】キノガッサ ジャローダ FCロトム マリルリ スイクン ニンフィアゲッコウガ ボルトロス マンムー等 

 

 

 

f:id:keibenn:20160315022318p:plain

ギルガルド@風船

冷静 バトルスイッチ

シャドーボール かげうち 聖剣 キンシ

努力値 H172 A84     C252

努力値 H157 A81 B170 C112 D170 S 72

 

PTの最後に入ってきた枠。

ボックスに眠っていた個体をそのまま引っ張て来たので詳しい調整は忘れました。

ここは最後までどのようなポケモンにしようか試行錯誤し続けました。

PTが拘っているガブ、ランドで崩壊してしまう、ヘラクレセドランの並びがきつい、ゴーストタイプが重たいそれらのリカバリーが聞くポケモン

 

選ばれたのは風船ギルガルドでした。

 

技構成に関しては、ゲンガークレセに打点が聞くシャドボかげうち、後出しで来るガルサザンドラン等への打点としての聖剣、接触によるAダウンを狙うキンシとなりました。

シャドボ+かげうちじゃガブやランドを落とすことができなかったのでめざ氷がとてもほしかったです。また聖剣+かげうちでマンムーも落とすことができなかったので調整に関してまた検討する必要があるなと感じました。

 

風船ギルガルドを使うにあたっては風船を相手の地面枠を倒すまで風船を割られない立ち回りが重要だなと感じました(基本)

またクレセ対面ではドヤ聖剣をうつ勇気も必要です^^

 

【役割対象】拘っていそうな地面 ヘラクレセ ルカリオ 受けル ゴースト全般等

 

 

 

 

【立ち回り】

厨パ(ガルガブゲンバシャボルトスイクン)の場合で考えます。

この場合選出は5秒で決まります。

 

バシャ+サナ+メガガブ 初手はバシャ

お相手の初手がガルの場合、守ってから鬼火を入れにいきます。大体後出しでボルトかスイクンが出てきますのでそれらに鬼火が入ります。

➀後出しがボルトの場合→サーナイトを後出しし電磁波を入れられますが頑張って突破してもらい死に出しの相手に鬼火か電磁波を入れ、メガガブの通しをよくします。

➁後出しがスイクンの場合→とび膝でゴツメチェックを、またはHP管理のため適当に鬼火連打し熱湯を貰い弱点保険を発動させメガガブにバトンし無双態勢に。

 

初手がガブの場合、守ってから鬼火を入れに行きます(初手のガブは襷だと信じて)。そこから地震を貰い弱保を発動させガブの場合は逆鱗を打たれると後続で出てくるメガガルのねこ不意の圏内に入られてしまうかもしれないのでバトンせずとび膝で倒しに行きます。倒したあとはバトンでメガガブに展開していきます。

 

初手がゲンガーの場合、守ってからメガチェックをし1加速したあとにメガガブへバトンしていきます。

襷ゲンガーの場合バトンした後ヘド爆がメガガブに入ります。毒らないことを祈ります。襷ゲンガーはバトンしたメガガブにそのまも突っ張るのでダブルチョップで突破します。

メガゲンガーの場合バシャにヘド爆が入りメガガブへバトンしていきます。1加速したガブとメガゲンガーが対面すると必ずスイクンかボルトを後出ししてくるので剣舞をしましょう。

 

初手対面はおもにこの3パターンが多かったです。初手がボルト、スイクンの場合は➀、➁と同じです。バシャは出されません^^

 

つらかったこと

身代わりガルーラ スカーフ、ラムガブリアス 吠えるスイクン 膝割れ 鬼火外し

後ろ2つやらかすとなかなか穏やかではいられませんね^^

 

 

【あとがたり】

f:id:keibenn:20160315031203j:plain

 

真皇杯関西予選1 一次予選5-1 1位抜け 二次予選1-4 落ち、JPNOPEN7-0 予選1位抜け 決勝トナメ2回戦負け

 

 

 見ての通り戦数が基地外ですね。はい自覚はあります。

春休みって素晴らしいですね。

遊びに行かず家にいるときはほとんど潜っていたと思います。

4月からは中々潜ることができなるかもしれないので思いっきりポケモンを楽しみました。

今回はメガガブリアスを使ったわけですが対戦相手の反応を見るのがとてもとてもとっても楽しかったです!!!

Twitterではエゴサすると僕と戦った人が被害報告をツイートしていて

生主と当たった際は枠をのぞきにいくと「!?!?」「きtrああああああ」とコメント

またオフ会でも当たった方は絵に描いたよう2度見をしたりとこのような反応が見れて

メガガブリアスを使っていて良かったなと感じました。

楽しいだけではなく強いことも証明したいという一心がこの対戦数に結びました。

僕は戦闘民族として誇りに思います。

 

追伸

今シーズン外した数だけ数えましたが

とび膝 32回 ダブルチョップ 22回 

そして鬼火

 

 

 

110回!!!外しました。

鬼火は試行回数が多いので仕方ありません。前2つは4444^^^^^^

 

以上です。ここまで見ていただいてありがとうございました!